歯周病について

歯科衛生士の松原です。

歯周病についてどのくらい知っていますか?

最近ではCMでもよく耳にします。

歯周病は歯茎や歯を支える歯周骨などの病気です。

歯周病は「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯ぐきのすき間にある溝に残った汚れや、歯ぎしりくいしばりなどの過重負担が原因でおこります。

歯みがきが不十分で磨き残しがあると、次第に歯周ポケットには細菌の塊である汚れがたまっていき、歯ぐきの内部で炎症を起こします。

また歯ぎしりやくいしばりなどの過重負担や歯並びによる早期接触があると、歯を支えている歯周骨が吸収する原因になり、より歯周ポケットが深くなり、清掃不良が起こりやすい悪循環が起こります。

日本では現在20歳以上の約72%、40代~60代では80%以上が歯周病に罹患してと言われています。
*厚生労働省23年歯科疾患実態調査 N = 4,253人

歯周病はなかなか症状が出にくく、また痛みを伴うことが少ないので重度になるまで、放置してしまう方が多くいらっしゃいます。

次回は歯周病の進行について説明していきます。

嘉ノ海龍三先生 ご講演

毎月JIADSという勉強会に参加させて頂いているのですが、今月は兵庫県で
ご開業されている嘉ノ海龍三先生による、矯正(歯を並べる治療)に関しての講義を受講させて頂く機会がありました。

自分は一般歯科医なので、口腔外科や歯周病科の先生の講義を聞かせて頂く機会は多いのですが、矯正の講義は初めてと言っていい程です。

今回嘉ノ海先生の講義で、一般歯科医でも小児期からの成長過程において遺伝的な要因以外に「歯列不正を起す原因の除去方法」や「矯正専門医との連携手段」、「問題発生時の保護者への指導」など出来る事をとても分かりやすく指導をして頂きました。

今後、小児期の患者さんを診療させて頂く際にはより「一口腔単位」でのケアや、矯正専門医との綿密な連携でアドバイスが出来ると思います。
お子様のお口の中で心配な事がありましたらいつでもご相談ください。

 

 

勉強会に参加してきました

衛生士の石橋です。

5月27日に母校で行われた卒業生対象の勉強会に参加してきました。

内容はエキスプローラーの操作についてでした。

エキスプローラーとは、針のような器具で、今回の勉強会では普段診療で使っている物とは別の歯石の探索のしやすい形の物を使いました。

最初に座学があったのですが、年々教科書の内容が変更されており、私が在学していた時と大きく変わった部分についても講義がありました。

新しく資格を取って衛生士になってくる人とのギャップができない為にも基本的な事でも再度勉強する必要があるなと思いました。

座学の後に実習があり、実際に普段と違うエキスプローラーを使ってみて、いつも届きづらい所の探索がしやすく、先端も通常の物より細いので感触が全然違いました。

歯肉縁下歯石除去の時には使っていこうと思いました。

勉強会の後には懇親会があり、久しぶりに担任の先生やお世話になった先生方とお話でき、とても楽しかったです。

今回学んだ事をこれからの診療に活かしていこうと思います。

親知らずのトラブル

歯科衛生士の松原です。
今回は親知らずのトラブルについて書いていきたいと思います。

親知らずとは第2大臼歯(7番目)の奥に生えてくる第3大臼歯(8番目)です。

先天的に生えて来ない人もいますが、生えてくる人はトラブルが起きやすい歯です。

トラブルの例としては

①歯ブラシが届きにくく汚れがたまる
②歯茎が腫れる
③親知らずが虫歯になる
④親知らずの手前の歯が虫歯になる
⑤親知らずや隣の歯が歯周病になる
⑥上の歯が咬み合わずに移動し歯茎を噛んでしまう
⑦前に倒れ込んできて歯並びが悪くなる

などがあります。

治療法としては抜歯や虫歯、歯周病の治療を行います。

ただし親知らずは横に生えていたり、骨の中に埋まっていたり、根っこの形態が不完全なままであったり、清掃不良が起こりやすいので治療の予後が悪かったり、治療自体が行えない場合があります。

その場合は基本的に抜歯となります。

生え方によって抜歯の方法も異なりますので、レントゲン診査が不可欠となります。

また、親知らずが顎の神経と近い場合や接触している場合はCTなどでより精密に検査を行います。

親知らずで気になることがあれば担当医までご相談ください。

保育園検診

6月4日と8日の虫歯予防デーに東長崎にある保育園の検診に行ってました。
毎年この時期に伺うのですが、保育園の子供達の元気な様子や成長を見るのも楽しみになっています。
こちら2か所の保育園のお母様方はお子様の歯のお手入れを頑張っており、ほとんどのお子さんに虫歯はありませんでした。
毎回保護者の方の意識が高く感心しています。

IMG

検診の際に簡単な歯科に関してのお話をさせて頂いていますが、 今回は「授乳によるむし歯のリスク」に関してや「磨き方」をお話しさせて頂いたのですが、、皆さんとても興味を持って聞いてくださいました。

日々の忙しい中、お子様の歯ブラシは大変だと思います。
でも、お子様が自分で磨けるまではご家族のお手伝いがどうしても必要です。
心配な方は歯科医院でこまめな検診を受け、歯科衛生士によるクリーニングやフッ素塗布を行い、お口の管理をお手伝いしてもらうのも1つの良い方法だと思います。

お子様の虫歯予防や磨き方やなど分からない事があればいつでご相談にいらしてください。
お子様の大事な歯を一緒に守っていきましょう!!

歯の生える時期

衛生士の石橋です。

小児の保護者の方から
「歯が萌えるのが遅くて心配」
「なかなか萌え変わらないけど大丈夫ですか?」
という質問を頂く事があります。

今回は「いつ頃萌え始め」「萌え変わるのか」を説明します。

まずは生後6〜8ヶ月位に下の前歯から萌え始め、1歳半位に奥歯が萌え始めます。
永久歯もそうですが、犬歯は長い歯のため、奥歯より少し遅れて萌えてきます。
そのため前歯と奥歯の間に歯がない時期がしばらくありますが心配ありません。

乳歯が萌え揃うのはだいたい3歳位です。

次に萌えてくるのは6歳頃、乳歯の奥歯の後ろに大きな6歳臼歯が萌えてきます。
それと同じ頃に下の前歯がグラグラし始め萌え変わります。

その後は前歯の方から順番に萌え変わり、一番奥の乳歯が萌え変わるのが11歳前後です。

12歳前後に、6歳臼歯の後ろに歯が生え始め永久歯列は完成します。

その後、人によっては17歳位から親知らずが萌えてきます。

乳歯、永久歯共に萌出時期には個人差があるので、上記の時期より遅くても心配する事はありません。

稀に先天的に歯がない場合があるので、しばらく様子を見ても萌えてくる気配がない場合はレントゲンなどで確認する場合あります。

心配な事があればいつでもご相談ください。

歯科のレントゲンについて

歯科衛生士の松原です。

今回は歯科のレントゲンについて説明していきます。

レントゲン写真は実際に口の中を見るだけでは分からない部分も詳しく見る事が出来ます。

例えば虫歯で言うと、見ただけでは綺麗な歯の形をしているのに中で大きな虫歯が進行していたり、銀の部分的な詰め物の下の虫歯などを見る事が出来ます。

他には歯の根っこの先に膿がたまっていたり、歯周病の進行の比較や、親知らずの生えてる向きなど、レントゲン写真を撮る事でわかる情報は他にも多くあります。

レントゲンの種類としては、全体を写すパノラマ写真と、ピンポイントで写すデンタル写真があります。
他には立体的に写すCT写真もあります。

これらは写す目的や必要性に応じて使い分けていきます。

歯科医院で撮影するレントゲンの被ばく量は日本人が一年間に自然に浴びる放射線の1/200程度なので、ほとんど体に影響を及ぼす事がないと言われています。

また歯科医院の場合は鉛防護用エプロンをつける事が多く、より安全にレントゲンの検査が出来ると言われています。

当医院では、定期検診時にはパノラマ写真は1年〜2年に1度、必要に応じてデンタル写真、CT写真の撮影をしお口の健康状態を確認をさせて頂いています。

ご不明点や心配な点があれば当医院のスタッフにお尋ね下さい。

GW終了しました

やまもと歯科医院はGWのお休みとして3・4・5日の3日間頂きました。
GW期間中、患者さんのトラブルが無いか心配でしたが休み明けの6日に通院中の患者様の急患でのご来院や、電話でのお問い合わせもなくスタッフ一同ほっとしております。

明日7日から平日通常診療に戻りますのが、今週からインプラントのオペが続いていたり、勉強会の参加などで予約が取りにくくなっております。
ご迷惑をお掛け致しますが、何かありましたらお早めにご連絡頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

 

ヨシダタロウのイベントに行ってきました。

衛生士の石橋です。

3月25日に、当院が取引している歯科材料屋さんのヨシダタロウさん主催のイベントに行ってきました。

イベントはデンタルショーを縮小した感じのもので、去年のデンタルショーではまだ発売していなかった材料などを見ることができました。

セミナーもやっていたのですが、衛生士向けの数が少なく人気だったため、目当てのセミナーを受ける事がてきませんでしたが、予約なしで受ける事ができるミニセミナーもやっていたので、そちらに参加してきました。

私が参加したのは、スケーラーのシャープニングについてのセミナーでした。

スケーラーとは、歯石を除去する器具で、メインは超音波を用いたスケーラーを使っていますが、超音波スケーラーが使えない部分を手用のスケーラーで除去しています。

手用スケーラーは小さいですが刃物なので、ハサミや包丁と同じ様に使っていくうちに鈍っていきます。

鈍ったスケーラーでは効率よく歯石除去を行えないので、定期的にシャープニング(研ぐ)が必要になります。

スケーラーの刃には決まった角度があるので、それを変えないようにシャープニングする必要があります。

シャープニング後、しっかりと研げているか確認する必要があるので、そのやり方についても説明がありました。

学生の時に習ってはいますが、再度確認する事ができてよかったです。

これからも診療をスムーズに行うために器具のメンテナンスをしっかりとしていこう思います。

歯の平均寿命

歯科衛生士の松原です。

歯の平均寿命をご存知ですか?

日本人の平均寿命は厚生労働省調べで、男性が78.4歳、女性で85.3歳と言われています。

歯の平均寿命はどうでしょうか?

歯の平均寿命は、大臼歯が約50〜58歳、中臼歯が約60〜65歳と言われています。

歯を失う原因はむし歯、歯周病などが主な原因です。

歯の寿命と平均寿命とでは最大で約15年程も差があることがわかります。

ご自身の歯で食事をする為に、歯を失わない為に日頃のお手入れやメインテナンスがとても重要です。

定期検診では、レントゲン撮影や歯周ポケット検査、歯式検査を行い歯の検診を行なっています。

検診の際に歯石が認められた場合は、歯ブラシでは落とすことが出来なくなってしまった汚れのクリーニングをおすすめします。

当院では歯のクリーニングで、歯石の除去、バイオフィルムや着色の除去をさせて頂きます。

上下各1回、計2回を保険で行います。
(症状や状態により回数は異なります)

定期検診お待ちしています。