ムシ歯になりやすい部位について

衛生士の石橋です。

今回はムシ歯になりやすい部位について書いていきます。

ムシ歯になりやすい所は、汚れがたまりやすく、歯磨きがしづらい所です。

汚れがたまりやすい所は何か所かあります。

1つ目は、奥歯の咬合面(噛む面)です。

奥歯の咬合面には細かい溝があります。

そこに汚れがたまり、変色し、進行するとムシ歯になります。

咬合面には汚れがたまりやすいですが、見ようと思えば鏡で見る事ができるので、しっかりと磨いてあげましょう。

2つ目は、歯と歯の間です。

歯は根元に行くにつれ細くなっているので、歯と歯の間に隙間ができます。

そこに汚れがたまるためムシ歯になりやすいです。

歯と歯の間を磨くには、歯ブラシを小さく動かしてあげる事が効果的ですが、歯ブラシだけで十分に汚れを取る事は難しいです。

そのため、歯ブラシと合わせてデンタルフロスか歯間ブラシを使う事をおすすめします。

3つ目は、1番後ろの歯です。

1番後ろにある歯は、1番頰のお肉との距離が近いため、歯ブラシが届き辛いです。

特に後ろ側の所は、歯ブラシの角度を他の所と変えてあげないとなかなか磨けません。

また、鏡で確認する事ができないので、磨くのを忘れないようにし、しっかりと磨いてあげましよう。

頑張って磨いても磨き残してしまう所、金属やプラスチックの段差など、ご自分でケアできない所は定期検診でケアしていきましょう。

磨き辛い所、どうやってケアしたらいいかわからないなどあればお気軽にご質問ください。

なぜレントゲン撮影をするのか

歯科衛生士の松原です。

歯科での検査の1つにレントゲン撮影があります。

なぜレントゲン撮影を行うのか、なぜ必要なのかについて説明していきます。

レントゲン写真は実際に口の中を見るだけでは分からない部分も詳しく調べる事が出来ます。

虫歯は歯の間など、肉眼では確認しにくい所に進行していくことがあります。

間の虫歯は進行が進み、大きな虫歯になるまで痛みが感じにくい場合があります。

ですので、肉眼では確認しにくい変色等が認められた場合レントゲン写真での確認が有効です。

他には歯の根っこの先に膿がたまっていたり、歯周病の進行の比較や、親知らずの生えてる向きなど、レントゲン写真を撮ることでわかる情報は他にも多くあります。

レントゲンの種類としては、全体を写すパノラマ写真と、ピンポイントで写すデンタル写真があります。他には立体的に写すCT写真もあります。

これらは写す目的や必要性に応じて使い分けていきます。

歯科で撮影するレントゲン写真の被ばく量はデンタル0.0160.039 mSv、パノラマ0.0390.043 mSvです。(デジタルの場合)

歯医者で撮るレントゲンの被ばく量は日本人が一年間に自然に浴びる放射線の1/200程度なので、ほとんど体に影響を及ぼすことがなく撮れると言われています。

その他のレントゲン撮影では

胸部の撮影0.130.29 mS

胃の透視4.15 mSv です。

歯科のレントゲン撮影時は鉛防護用エプロンをつけることが多く、より安全にレントゲンの検査ができると言われています。

当医院では、定期検診時にはパノラマ写真を1年〜2年に1度、必要に応じてデンタル写真、CT写真を撮って確認をさせて頂きます。

ご不明点や心配な点があれば当医院のスタッフにお尋ね下さい。

休診日、診療時間の変更について

衛生士の石橋です。

5月16日より、当院では休診日、診療時間の変更を致しました。

今まで、土、日曜日はDr、衛生士が1人ずつの出勤だったため、患者さんとの日程が合わず、担当の変更してしまう事がありました。

変更したとこにより、スタッフ全員の出勤日が統一され、担当の変更が起こりづらくなります。

また、急患でいらした患者さんに対しても、担当がおらず、経過が細かくわからない、という状態も防げます。

日曜日、19:30以降にしか来られない、という患者さんにはご迷惑をお掛けしてしまいますが、それ以上のメリットを感じて頂けるよう、頑張っていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

診療時間及び休診日の変更に関して

やまもと歯科医院の松原です。

関東も梅雨入りしましたが、いかがお過ごしでしょうか?

以前より皆様にお知らせしておりました通りやまもと歯科医院は5/16から休診日及び診療時間を変更させて頂きました。

現在、休診日は木曜日と日曜日、診療時間の最終受付は19時となっております。

また土曜日のみ、朝の受付時間は9時半から開始しています。

休診日及び診療時間の短縮により、通院中の患者様にはご迷惑、そしてご不便をおかけしております。

以前までやまもと歯科医院は、曜日により担当医、衛生士、スタッフが不在な日がありました。

今回変更に伴い担当医と担当衛生士、特定のスタッフの不在の曜日を極力無くし、ドクターと衛生士またスタッフ間の提携を強めることによりスムーズな診療を目指し行っております。

以前よりも更に患者様に安心して通院して頂けるようになりました。

また、スムーズな診療の為に様々なシステムの変更も行いました。

院長をはじめスタッフ皆で話し合いを重ね、より患者様に寄り添った治療を目指して現在診療を行っております。

他にも、通院中の何人かの方に声をかけて頂いたので、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、新規一転で制服も新調し我々スタッフも新鮮な気分で日々を過ごしています。

以前はカラフルでしたが、今は皆で同じ色を着ています。

現在変更に伴い予約が取りにくい時間帯や曜日がございます。

ご不便をお掛けしておりますが、スタッフ一同より力を合わせて頑張りますので、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

診療をご希望の方は、お早めに予約のご連絡を頂けますと助かります。

また変更に関してご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

JIADS歯周外科 豚顎実習 セミナー参加

先月5月の休診日を利用して、現在参加している勉強会JIADSが開催した歯周外科 豚顎フォローアップセミナーに参加してきました。

以前、JIADSでは歯周治療における講習を1年間受講させて頂きました。
今回はその講義の中でも歯周外科の技術に特化したセミナーです。
実際の豚の顎を使用して歯周外科におけるテクニックを再確認する事が目的です。

セミナーは夜7:00から11:00近くに及ぶにも関わらず、当日は30名以上の先生方参加されていました。
参加されている先生方の年齢に関係なく積極的に技術を学ぶ姿勢に、自分も身が引き締まる思いがしました。

普段出来ていると思っている術式でも講師の先生方に直接指導して頂く事で改めて気付く事や、注意点を再確認する事が出来る良い機会でした。
今回の経験を日々の治療に生かしていきたいと思います。

※実習中の写真に豚顎の写真がありますのでご希望の方のみご覧ください。

DSC_1542
遅い時間にも関わらず全員集中して実習していました。

DSC_1548
豚の顎を使用して再確認をしました。

 

入れ歯と残っている歯のお手入れについて

衛生士の石橋です。

今回は入れ歯と残っている歯のお手入れについて書いていきます。

入れ歯には、総義歯、部分義歯があります。

部分義歯は、残っている歯にバネを掛けて維持する装置です。

その為、バネを掛ける歯にはかなりの負担がかかります。

また、バネを掛ける溝があるため清掃不良になりやすいです。

特にバネを掛ける歯が被せ物の場合は、被せ物との段差もある為、しっかりとブラッシングする必要があります。

義歯のバネの部分も汚れが溜まりやすいので、ブラシを使いしっかりと洗浄しましょう。

総義歯は粘膜への吸着で維持する装置です。

基本的には歯がない場合が多いですが、骨の吸収を防ぐ為に根だけの状態で歯を残している場合があります。

多くの場合はむし歯にならないように金属のキャップをしています。

キャップと歯肉の境目に汚れが溜まりやすいので優しくブラッシングしましょう。

あまり力を入れてしまうと、歯肉を傷つけてしまい、義歯を装着した時に痛みが出てしまう原因になります。

総義歯、部分義歯に共通する、ピンク色の粘膜と接する部分に汚れがついたまま使うと歯肉炎の原因になります。

歯がなくても、汚れたものが長い時間接していれば歯肉は炎症します。

外出中は難しいですが、家にいる時など、可能な場合はお食事の度に外して洗浄してあげるのが理想です。

ピンクの部分だけでなく、人工歯の凸凹した所にも汚れがつきやすいので、ブラシを使って洗いましょう。

診療日、診療時間変更のお知らせ

本日、令和1年5月17日より「やまもと歯科医院」の診療日、診療時間を変更致します。

変更する理由は、患者様にとって常に同じ環境できちんとした治療時間を確保する事が目的です。

診療の曜日を変更する事で、担当の歯科医師、歯科衛生士が不在の事がなく、常に診療に立ち会えます。
診療時間を変更する事で、キャンセルや変更の対処が少なくなり予約時間の確保がしやすくなります。
それにより良質な歯科治療の提供を行い、通院して頂いている患者様に安定的かつ安心して診療を受けて頂ける体制作りを目指します。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程何卒宜しくお願い致します。

歯茎の腫れ

歯科衛生士の松原です。

今日は歯茎の腫れについて書いていきます。

歯茎が腫れてしまった時、考えられる原因はいくつかあります。

主な原因は
歯周病
根の感染
過重負担による外傷
傷による感染
腫瘍
などがあげられます。

痛みを伴う腫れや出血や膿が出るなどの症状、歯の動揺などの自覚症状があるものから、自覚症状があまり見られない検査等で見つかる炎症を伴う腫れなど、原因や程度により様々です。

これらの腫れの原因を診断する為には、レントゲン写真や歯周検査などが必要になります。

また原因により治療法もそれぞれ異なります。

特に痛みを伴わない腫れは放置をしてしまいがちですが、後々強い痛みになってしまったり、大きな治療になりがちです。

奥歯の見えない所などは症状が出てからでないと中々気づきにくいこともあります。

定期検診では、このような歯茎の異常の確認や検査もさせて頂きます。

気になる症状がありましたらご相談下さい。

診療時間変更のお知らせ

「やまもと歯科医院」はおかげさまで昨年11月に開院7周年を迎えました。
その際、患者様により良い診療環境を提供するために「今現在、何をするべきか」をスタッフ全員で検討して参りました。

患者様にとって良い環境はどのようなものでしょうか?
「診療時間や土日診療などの環境の問題」
「治療レベルやスタッフが患者さんの事をいかに理解しているかなどの質の問題」
など、患者様にとって良いと思われる環境や、求める環境は患者様によって様々だと思います。

私達は「やまもと歯科医院」にとって今現在「質の向上」が必要だと判断しました。
質を向上させる(維持する)には、常に同じ環境で、きちんとした治療時間を確保する事が必須です。

診療の曜日を変更する事で、担当の歯科医師、歯科衛生士が不在の事がなく常に診療に立ち会うことが出来ます。
診療時間を変更する事で、キャンセルや変更の対処が少なくなり予約時間の確保がしやすくなります。
それにより良質な歯科治療の提供を行い、通院して頂いている患者様に安定的かつ安心して診療を受けて頂ける体制作りを目指します。

変更により通院が困難になる患者様もいらっしゃると思いますが、そのような患者様に対しては可能な範囲で治療のお手伝いを今後もさせて頂くつもりです。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程何卒宜しくお願い致します。